肥後虎 HIGOTORA SAMURAI SWORDS

真剣・模擬刀・居合刀のオーダーメイド製作、販売 日本刀ブランドの肥後虎

お見積もり依頼 お問い合わせ

製作事例

三尺三寸・長尺居合刀・特別制作

三尺三寸・長尺居合刀・特別制作

長尺刀

肥後虎 居合道用模擬刀

製品番号:KTJ
<肥後虎・居合道用模擬刀>
【三尺三寸・長尺居合刀・特別制作】
※オーダーメイド製作例


<長尺刀のすすめ>
********************************
居合道では、正しい体裁きで、鞘引きを行う事が求められます。

正しい体裁きを行う事で、より早く、 より無駄が無く、より理想的な日本刀操法が完成します。

刃長2尺4寸前後の刀を扱う居合道流 派の先生方でも、正しい体裁きで、 鞘引きが出来ている先生方は平均身長以下の方でも、3尺以上の御刀を 抜刀・納刀共に問題無く出来ますが、 長年にわたり居合道を稽古されてきた先生方でも、抜刀時の体裁きを練られていない先生方や、短い刀でしかお稽古されてこなかった先生方の中には、体裁きが甘く、武術的に有効な抜刀が出来ていないケースが見受けられます。そのような方々は,まず3尺以上の御刀では抜刀する事も、納刀する事も出来ません。

短い御刀は正しい体裁きで、鞘引き、を行なわなくても、簡単に抜刀も納刀も出来てしまうため、どうしても利き手中心の抜刀になりがちです。

<注意>
鞘引き無しで抜刀する刀法も存在しますので、全てにおいて、利き手中心の抜刀が間違いとは言いきれません。

正しい体裁きで、鞘引きが出来ていなければ、3尺以上の刀の場合は抜刀する事も納刀する事も不可能です。

有効な体裁きを練るには、本作のようにとことん長尺の御刀で稽古するのは有効な稽古方法と言えます。

また長尺の御刀は重量が増すため、小手先の筋力だけに頼らない、中心力、呼吸力を応用した理想的な体裁きが自然と身に付く傾向も見られます。

林崎夢想流等、3尺刀を扱う流派でお稽古されている剣士様方だけでなく、頭打ちを感じている中級者以上の居合道家の方々にお勧めしたい居合刀です。

肥後虎 脇田泰彰

基本情報

※随時、注文製作・受付中です。

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

その他の写真御刀の仕様詳細

PHOTO GALLERY その他の写真

三尺三寸・長尺居合刀・特別制作 三尺三寸・長尺居合刀・特別制作 三尺三寸・長尺居合刀・特別制作 三尺三寸・長尺居合刀・特別制作 三尺三寸・長尺居合刀・特別制作 三尺三寸・長尺居合刀・特別制作 三尺三寸・長尺居合刀・特別制作

SPEC 御刀の仕様詳細

御刀の仕様

  • 刃長  :約3尺3寸(刃渡り実寸約98.5㎝~約100cm程度)
    元幅  :約35mm
    元重  :約8.4mm
  • 先幅 :約23.3mm
    先重 :約6mm
    切先長:約40mm
  • 鞘払重量  :1,464g
    総重量   :1,843g
  • 外装金具等

    鍔  :銀無垢・波龍図・黒銀仕上げ
    目貫   :銀無垢・龍、黒金色上げ
    縁金具  :肥後平波・銀古美
    頭金具  :肥後平波・銀古美
    鐺金具  :美濃龍Ⅱ銀古美
    下緒 :純綿・平織・紺
  • 樋彫り

    樋無し・本造り(鎬造り)

  • 研磨

    ■厚口製作
    ■刃長:約3尺3寸
    (刃渡り実寸約98.5㎝~約100cm程度)
    ■樋:樋無し・本造り(鎬造り)
    ■刀身成型精度:上
    ■刃文:直刃
    ■刀身保護コーティング:有り
    ■ハバキ:銀無垢製・本ハバキ祐乗
    ■柄長:1尺2寸

諸工作

  • ■鮫皮:白色・親粒付き本鮫皮
    ■柄糸:正絹・鉄紺・捻り巻き
    ■切羽:銀仕上げ
    ■鍔:銀無垢・波龍図・黒銀仕上げ
    ■目貫:銀無垢・龍、黒金色上げ
    ■縁頭:肥後平波・銀古美
    ■鐺:美濃龍Ⅱ銀古美
    ■鞘塗:本黒石目・部分千段
    ■下緒:純綿・平織・紺

小烏丸写し

見積もり依頼 お問い合わせ