<製作中の御刀>

真剣

■製品番号:YKG

【小烏丸写し】

2019年04月07日現在
刀身の打ち下ろしと、下研ぎ(成形〜中名倉)が完了した状態で、
現在は樋(薙刀樋+添樋)彫りを進めております。

※詳細はページ最下段をご覧くださいませ。





【肥後虎本鍛・小烏丸】
(刀身+ハバキ+白鞘+ツナギ+拵)
****************************************
※設計・コーディネート:肥後虎脇田泰彰
※開発総監督:肥後虎脇田泰彰

<御刀の仕様>
--------------------------------------
肥後虎本鍛小烏丸
二尺五寸八分
超豪壮型
肥後虎特別造り
本鍛錬・全鋼無垢鍛え
以自家製鉄鍛之
・鉄:自家採取砂鉄・自家製鉄
・鍛え:全鋼無垢鍛え
・等級:最上等級・最上作
・刃長:二尺五寸八分程度
・目釘穴:2
・元幅:40ミリ

・元重:
小烏丸は薙刀樋と鎬の最頂点線である鎬筋に
添樋(細樋)を彫ります。
本作は元重ね10ミリ程で刀身製作しております
が、添樋を彫った後は、元重ね9ミリ程で仕上が
ります。

・鎬幅:秘
・刃幅:秘
・鎬角:秘
・棟角:秘
・刃角:秘
・茎棟:秘
・茎造:秘
・造り:小烏丸造り
--------------------------------------

<研磨>
--------------------------------------
◇肥後虎・最上研磨・二尺五寸八分
※成型研磨、下研ぎ、仕上げ研ぎ
※的確な肉置き、刃の斬れ味と耐久性、
 刃紋の美しさを高レベルでバランス
 させた最良の研磨。
--------------------------------------

<刀身彫刻>
--------------------------------------
<小烏丸樋>
薙刀角樋彫り(表・裏)
添樋彫り(表・裏)
樋内磨きあり(表・裏)
--------------------------------------

<白鞘とハバキ>
--------------------------------------
◇白鞘
※最高級材使用
※無形文化財クラス鞘師による最上工作
※超豪壮型

◇ハバキ:銀無垢・二重ハバキ
※本職白銀師による実戦型本造りハバキ
※元幅40は25%UP
--------------------------------------

<ツナギと拵工作>
----------------------------------------
◇小烏丸形状ツナギ
※最高級材使用
※無形文化財クラス鞘師による最上工作
※超豪壮型

◇切羽:銀無垢・本切羽
※本職白銀師による、刀身、拵に合わせた
 手作り本切羽
※超豪壮型

◇柄下地:9寸
※最高級材使用・実戦型柄
※無形文化財クラス鞘師による最上工作
※超豪壮型

◇目釘:本煤竹製・2本目釘
※最高強度
※無形文化財クラス鞘師による工作。
※垂直打ち

◇柄の鮫皮:親粒付・腹合着(一枚巻)
※最高級物
※最高強度
※無形文化財クラス職人による工作。
※超豪壮型
※9寸は20%UPとなります。

◇柄巻:正絹・黒・捻り巻9寸
※本職柄巻師による柄巻。
※超豪壮型
※9寸は20%UPとなります。

◇拵下地実戦型・258
※最高級鞘材使用、実戦型・本造り鞘
※各部要所は水牛角で製作
※鞘鯉口〜栗形部周辺まで広範囲に渡り、
 鞘中刃側に水牛角による補強入り。
※各部、実戦向きの高強度仕立て。
※無形文化財クラス鞘師による工作。
※超豪壮型
※258は、10%UP

◇鞘塗り:乾漆黒石目塗り 258
※本職真剣塗師による最高レベルの仕事。
※258は、15%UP。

<外装金具・下緒>
◇縁頭:肥後平波銀古美
    厚口・上・特大サイズ

◇鐺金具:肥後平波銀古美
     厚口・上

◇栗形金具:肥後平波銀古美
      大・厚口・上

◇目貫:大巻龍・銀古美・上

◇鍔 肥後鍔・銀古美・上

◇栗形シトドメ:銀無垢・燻し仕上げ

◇下緒:正絹・笹浪組(伊賀織・本織)
----------------------------------------
****************************************