真剣・製品一覧 ページへ戻る

<参考資料>

【旧日本海軍サーベル拵・全長約102.5センチ】
(両手握り型)

※参考資料として調達した品物

<仕様>
・拵全長:約102.5センチ
・鞘長:約78.5センチ
・柄長:約24センチ
・鯉口金具サイズ:タテ約40ミリ、ヨコ約21ミリ
・外装金具:真鍮製
・護拳鍔兼用刀身止錠蓋(駐爪機能良好)
・金具模様: 桜花高彫葉毛彫
・鞘:鮫皮研ぎ出し
(鞘に巻かれている鮫皮は、模様から推測する
 と、輸入物ではなく、日本近海で捕獲された
 小型種の皮を複数枚貼り合わせて巻かれてい
 る事が推測される)
・柄:親粒付き鮫皮に金線巻

<かつて納められていた御刀の推定値>
・推定刃長:約2尺3寸
・推定元幅:約27~28ミリ
・推定茎長:約18センチ
・推定反り:約1~1.5センチ

<備考>
全長約102.5センチ。大変希少な立派な体格の
旧日本海軍サーベル。金具、柄鮫、鞘鮫、柄木、
鞘木ともに良いコンディションを維持している。
柄、鞘ともに丁寧に作り込まれており金具との
フィッティング精度も良い。
確証はとれないが、海軍大尉~海軍司令長官ク
ラスが所有する最上級品と推測される。



















<以下は肥後虎が手作りでワンオフ製作した金具一式(製作費:116万>



真剣・製品一覧 ページへ戻る