■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2018年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

御刀(#OGN)製作例
本作は研師様からのご注文品。
研磨に関しては下研ぎの中名
倉研工程迄をご依頼いただき、
小名倉以降の仕上げ研ぎだけ、
ご依頼主様(研師さん)がト
ライされるという内容。

鍔に採用したのは、
【新選組・斉藤一
正阿弥
竪丸形鉄槌目地四方鉈透写し鍔】
を本式鍛造で制作した物。この
鍔の存在だけで、御刀の迫力や
重厚感を数倍増幅させていますね。

※詳しくは以下のページにて
http://www.higotora.com/ogn.html



























<肥後虎本鍛刀・豪壮型・
大切先・実戦型拵付き>
*******************************************
<刀身打卸の部>
-------------------------------------------
肥後虎本鍛刀
二尺四寸
豪壮型
大切先
肥後虎特別造り
肥後國住赤松太郎兼嗣作
本三枚鍛
以自家製鉄鍛之
・設計   :肥後虎脇田泰彰
・監督   :肥後虎脇田泰彰
・刀工   :肥後國住赤松太郎兼嗣
・鉄    :自家採取砂鉄・自家製鉄
・鍛え   :本三枚鍛・本鍛錬
・等級   :最上作(最上等級)
・刃長   :約二尺四寸
・反り   :1.5~2.0cm程度
・目釘穴   :1
・元幅   :約39mm程度
・元重   :約8.5mm程度
・先幅   :約32mm程度
・先重   :約6.5mm程度
・茎長   :約7寸5分程度
・切先長  :約85mm程度
・茎造   :実戦型茎・茎棟小肉付ける
・鎬幅    :秘(実戦型本造)
・刃幅   :秘(実戦型本造)
・鎬角   :秘(実戦型本造)
・棟角   :秘(実戦型本造)
・刃角   :秘(実戦型本造)
・造り   :鎬造・庵棟・大切先
・刃文   :刀工得意の刃文をお任せ
◆茎表銘文 :応〇〇〇君需鍛之
       赤松太郎兼嗣作
       本三枚鍛
◆茎裏銘文 :肥後虎 以自家製鉄鍛之
       平成二十〇年〇月吉日
            (登録年月)
--------------------------------------------------
<樋彫りの部>
-----------------------------------------------
■真剣本樋彫り・表裏・ハバキ下迄掻き流す。
 ※本職樋彫師による御刀の設計、性能に
  バランスさせた最上の本樋彫り。
 ※この費用には研磨時の追加料も含まれます。
〇本樋彫り
-----------------------------------------------
<研磨の部>
-----------------------------------------------
◇肥後虎・最上研磨・豪壮型
※的確な肉置き、刃の斬れ味と耐久性、美しさを高
 レベルでバランスさせた最良最高の研磨となります。
-----------------------------------------------
<ハバキ製作の部>
-----------------------------------------------
◇ハバキ・銀無垢・庄内・豪壮型
※本職・白銀師による手造り本ハバキ
-----------------------------------------------
<拵工作の部>
-----------------------------------------------
■本切羽
 刀身&拵合わせ手造り・銀無垢製・金着
 本職・白銀師作
 2枚1組
■柄・下地・工作(柄長8寸5分迄)
 ※最高級材使用
 ※中心部の握りの加減をご指定可
 ※無形文化財クラス鞘師による工作となります。
■目釘
 本目釘・本煤竹製
 ※最高強度
 ※無形文化財クラス鞘師による工作となります
■柄鮫
 柄鮫・親粒付・腹合着(一枚巻)
 ※最高級物
 ※最高強度
 ※無形文化財クラス職人による工作となります。
■鮫塗
 柄鮫(腹合巻)への塗加工(現代漆)
 ※湿気に耐性が期待出来るためお勧めです。
 ※無形文化財クラス塗師による塗りとなります。
■柄巻き・正絹製
 ※本職柄巻師による柄巻となります。
■拵鞘下地
 ※拵鞘(鯉口・コジリ・栗形含む)下地・工作
 ※最高級鞘材使用、実戦型・本造り鞘
 ※鯉口・コジリ・栗形は水牛角で製作
 ※鞘鯉口~栗形部周辺まで広範囲(16cm幅)に渡り、
  鞘中刃側に水牛角による補強入り。 
 ※各部、実戦向きの高強度仕立て。
 ※無形文化財クラス鞘師による工作となります。
■鞘塗(真剣本塗)
 ※黒蝋(本黒呂)ツヤ
 ※本職真剣塗師による最高レベルの仕事となります。
〇拵工作費
-----------------------------------------------
<外装金具の部>
-----------------------------------------------
■鍔
 新選組 斎藤一
 正阿弥 竪丸形鉄槌目地 四方鉈透鍔 写し
 本式鍛造・鍛鉄製
■縁頭金具 46.0mm・高彫大龍・黒金仕上
     (銀無垢製)
■目貫 銀無垢・龍・黒金色上げ
■栗形シトドメ・銀無垢・金鍍金仕上げ
■頭シトドメ・銀無垢・金鍍金仕上げ
〇外装金具
-----------------------------------------------
<下緒の部>
-----------------------------------------------
■下緒:正絹製・本織
-----------------------------------------------
<オプション>
*************************************
■本蒔絵家紋
 本漆による本式の金鞘蒔絵
 金蒔絵家紋(立体・高蒔絵)
■刀桐箱 二尺四寸 豪壮型 拵 対応
■箱書き
 蓋の両面
 ※一流書家による書となります。
 ※特別に用意した桐箱専用の墨と筆を
  使用し、丹念に書き上げる、価値の
  高い書となります。
 蓋の表:応〇〇〇君需鍛之
     肥後國住赤松太郎兼嗣作
     本三枚鍛
 蓋の裏:肥後虎 以自家製鉄鍛之
     平成三十年二月吉日
*************************************
*******************************************


| 日本刀関連 | 11:09 PM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑