■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■
 

拵の製作例
拵の製作例。

銀古美金具を使用する場合、鞘塗りは、乾漆黒石目塗りにして、
質実剛健さや重厚さを追求するのが気分ですが、この拵のよう
に、黒呂塗りの鞘を合わせるのも、品格や高級感のある端正な
たたずまいになり、それなりに良さを感じますね。










【ハバキ】
------------------------------------------------
◇ハバキ:銀無垢・裕乗
※本職・白銀師による実戦型・本造りの本ハバキ
------------------------------------------------

【拵製作の部】
------------------------------------------------
◇切羽:銀無垢・本切羽(刀身&拵合わせ手造り)
※実戦型本造り
※本職による、刀身、鍔、縁金具、鯉口に合わせ
 た手作り本切羽

◇柄下地:8寸5分
※最高級材使用
※無形文化財クラス鞘師による工作。

◇目釘:本煤竹製・1本
※最高強度
※無形文化財クラス鞘師による工作。

◇鮫皮:親粒付・腹合着(一枚巻)・白
※最高級物
※最高強度
※無形文化財クラス職人による工作

◇柄巻:正絹・黒・捻り巻
※本職柄巻師による柄巻

◇目貫:梅(通常仕上げ)

◇鍔:肥後春日象嵌鍔・銀古美・上

◇縁頭:梅と鶯図・銀古美 39.7mm

◇鐺:梅と鶯図・銀古美・銀無垢製

◇栗形シトドメ:銀無垢・本シトドメ

◇拵下地:実戦型・本拵
※最高級鞘材使用、実戦型・本造り鞘
※鯉口・コジリ・栗形は水牛角で製作
※鞘鯉口~栗形部周辺まで広範囲に渡り、
 鞘中刃側に水牛角による補強入り。
※各部、実戦向きの高強度仕立て。
※無形文化財クラス鞘師による工作。

◇鞘塗り:黒蝋
※本職真剣塗師による最高レベルの仕事。

◇下緒:正絹製・黒・本織り

※肥後虎の『真剣諸工作』は最高クラスの
真剣職人達による、素材、品質、精度、性能を
極めた最高水準の真剣諸工作となります。
------------------------------------------------


| 日本刀関連 | 12:11 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑