■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

肥後虎 國廣写し 完成
【肥後虎 國廣・復刻(写し)】

石田三成、加藤清正等、大名達を魅了し、
正宗、水心子正秀と並び称され、
中興の三傑と呼ばれた、新刀最上作にし
て大業物刀工【國廣(クニヒロ】。

姿、造り、彫り、刃文、地鉄を再現する
だけでなく、性能、強度においても、
國廣の最上作を超える御刀の製作を目指
しました。

こちらの御刀も完成前に前注文で売れて
しまったため、実物の一般公開が出来ま
せんが、出来る限り実物の魅力をお伝え
出来るよう写真撮影を行いましたので、
ご興味のある方は、是非下記ページに
てご覧下さいませ。

なお、肥後虎では、随時、復刻刀のご依
頼を受け賜わっておりますので、本当に
良い御刀をお望みの方は、お気軽にご相
談下さいませ。


http://www.higotora.com/kunihiro.htm




| 日本刀関連 | 11:49 PM | comments (x) | trackback (0) |
【鯰尾藤四郎】【骨喰藤四郎】復刻プロジェクト
往年の刀剣愛好家だけでなく、
刀剣女子 からも注目を集めている
徳川美術館所蔵の名刀【鯰尾藤四郎】
豊国神社所蔵の名刀【骨喰藤四郎】。
現在、これらの名刀を復刻するプロ
ジェクトが進められている。

日本刀デザイナー脇田泰彰氏(肥後虎)
の呼びかけにより有識者が集められ
【藤四郎復刻委員会】が発足、6月5日
に第2回目となる委員会が開催された。

脇田氏が今回の二振りの復刻に関わる
のは2度目となり、既に多くの刀剣愛
好家から注目が集まっているそうだ。

脇田氏は
「鯰尾藤四郎も骨喰藤四郎も、江戸期に
徳川家お抱え鍛冶の越前国康継さん
の手によって忠実な写しが制作さ
れています。それらも素晴らしい出来
ですが、完璧でない部分もあります。
越前国康継さんの写しよりも完璧な写
しを制作したい」
と制作への意欲を語った。

(『尾治・会報しらとり』第17037号・
ニュース・P.15より抜粋)




| 日本刀関連 | 08:45 PM | comments (x) | trackback (0) |
三尺三寸刀の【拵】
製作中の三尺三寸刀の【拵】画像
をUP致しました。

柄はしっかりした親鮫が付いた鮫皮
を腹合わせに着せて黒塗り、正絹鉄
紺の柄糸を使い諸捻巻で美しく仕上
げています。

高精度な藤巻きを施した鞘に黒呂と
乾漆黒石目の塗り分けを施す等、
なかなか見応えのある拵です。

もちろん、素材、品質、精度、強度、
性能を追及した肥後虎特有の実戦
型の本拵。
ハバキ、ツナギ、白鞘等も最良の物
をお作りしてます。

<※詳しくは以下のページにて>
http://www.higotora.com/kst.htm








| 日本刀関連 | 08:53 PM | comments (x) | trackback (0) |
完成してる鞘に鐺金具を付け足す


「完成してる鞘に鐺金具を付け足す」

これ、肥後虎では、よく頂くご依頼です。
画像の鞘も、その内の1つ。

鐺金具は鞘の側面のツラと合わせて綺麗に
取り付ける必要があります。

特に画像のような鍬形の鐺は鞘との高精度
なツラ合わせと、高精度な嵌め込み加工が
必須となり、鞘師の腕の見せ所でもありま
す。
また塗り師にも丁寧な仕事が求められます。

既に完成している鞘に鐺金具を付け足すに
は、一旦鞘の塗りを剥がす必要があるのは
ちろんのこと。鞘の鐺周りから鞘全体を削
り込んで、鐺金具との段差が無くなり、鐺
金具と鞘全体が一体化するよう成型する必
要があります。

今回、鐺金具を追加した鞘の作業内容は
以下の通り。

<本作の作業内容>
*****************************************
※お客様お持ち込みの鞘への加工
■鞘の塗膜除去
■鐺合わせシェイピング加工
■鐺金具(肥後平波銀古美・鍬形)代金
■鍬形鐺・高精度・取り付け加工
■現代漆・鞘塗り(現代漆合成材・黒呂ツヤ)
■鍬形鐺における塗りの追加費用
*****************************************

物理的に鐺金具が付けられない鞘も有る
ので、ご了承下さいませ。

それなりの費用はかかりますが、真剣の鞘
であれば鞘を新調するよりも安上がりです
し、塗りも新しくなりますので、お勧めの
カスタムではあります。

ただし、真剣の拵工作部門においては、
慢性的に皆様からご依頼を沢山頂き過ぎ
ている状況が続いているため、いつもお客
様方には納期の点で、ご迷惑をおかけいた
しております。

肥後虎では、こういったスポット的な工作
も、ユーザーさん、非ユーザーさんに関わ
らず受け賜わっておりますが、お急ぎでな
い(納期に拘りが無い)場合に限り、ご利
用を頂けましたら幸いです。

感謝。


| 日本刀関連 | 08:35 PM | comments (x) | trackback (0) |
製作中(下研ぎ中)の『菖蒲(しょうぶ)造り』の脇差
製作中(下研ぎ中)の『菖蒲(しょうぶ)造り』の脇差。

『菖蒲造り』とは鎬造りの横手筋を無くしたような形
状で鎬筋が切先に抜ける形の造りになっています。
菖蒲の葉に似ていることからこの名称が付けられ
ています。鎌倉時代中期以降の短刀や脇差に多
く見られますが、室町時代中期以降の備前や美濃
で作られた打刀も僅かに存在します。幕末の天才
刀匠・源清麿も菖蒲造りの脇差を好んで手掛けて
いました。菖蒲造りは鎬が高めでゴリッとした物が
多いのも特徴。

※詳しくは以下のページにてご覧下さい。
http://higotora.com/iwt.html




| 日本刀関連 | 06:08 PM | comments (x) | trackback (0) |
製作中の御刀画像
製作中の御刀画像をUP致しました。

肥後虎本鍛刀
二尺四寸
豪壮型
大切先
肥後虎特別造り
肥後國住赤松太郎兼嗣作
本三枚鍛
以自家製鉄鍛之

※詳しくは以下のページにて
http://higotora.com/ogn.html




| 日本刀関連 | 11:21 PM | comments (x) | trackback (0) |
白鞘の大事


画像は仕上がったばかりの脇差用・白鞘。
(本作は砥の粉を強めかけてます)

【白鞘】は『休め鞘』とも言われ、御刀を保管する
ための外装です。

ご存知の通り、空気中に鉄を放置しておくと錆び
ます。これは、鉄の分子と酸素が結びついて化学
反応(鉄がイオンとして水に溶け酸化)を起こす
事によるものです。この錆びさせる力を酸化力と
呼びます。

空気中の、水分濃度(湿度)、塩分濃度、放射性
物質濃度が高いほど、酸化力は増大し、より錆び
やすくなります。
また、急激な温度変化等も錆の原因になります。

そこで、刀の錆びを予防し、最高のコンディショ
ンで保管するために開発されたのが【白鞘】です。

正しく高精度に製作された白鞘は、適度な機密性
を保ちつつ、空気中に含まれる錆の原因物質をシ
ャットアウトし、湿気を遠ざけ、温度変化を和らげ
る事で、刀の錆びの発生を抑制し、最高のコン
ディションで保管する事が出来ます。

なお、白鞘は、あくまで保管用であり、戦闘で使
用するための物ではありません。

実際に白鞘入りの御刀で打ち合えば、すぐに柄が
割れます。これは、メンテナンスのため、あえて
割れるように造られているからです。

ヤクザ映画等では、白鞘入りの日本刀を振り回すシ
ーンが見られますが、全く現実的ではありません。

白鞘製作において、重要なのは、まず第1に、最
適な木材を用意することです。

白鞘に適した木材は、木の種類や大きさだけでなく、
伐採場所の標高、樹齢、日当たり、採取部位、採取
する季節等がとても重要です。
木材採取後の寝かせ方や寝かす期間等も重要です。

厳選した素材から生成した材料を用いて、正しい
工法、および正しい設計で、精度の高い白鞘を造
ることで、はじめて白鞘本来の性能が発揮されます。

材料の選定基準や、手間のかけ方によって、性能
や価値に、大きな差が発生します。

第2に重要なのは、刀身に合わせた絶妙かつ精密な
掻き入れ加工です。

刀身を納めた状態においては、刀身の差し表と差し
裏と刃部が、鞘の内部で極僅かに浮いた状態になる
ように加工する事が重要です。その上で、刀身を滑
らかに抜き差し出来るようにする事と、鞘をぴった
り閉じられるように高精度に成形する事が重要です。

どのような御刀にも、最良の形で納められるように、
最適な掻き入れ加工を施す事が重要です。

第3に重要なのは、無駄に厚みを持たせることなく、
刀身に合わせたベストな厚みで、姿の良い、柔らか
な光沢を持たせた美しい白鞘を造る事です。

肥後虎の真剣部門での白鞘工作は、国内トップクラ
スの技術力を誇る鞘師(無形文化財クラス)が手掛
けており、素材、性能、品質、精度、美しさ、価値、
すべてにおいて最高レベルの鞘を製作しております。
その技術力の高さが認められ、受賞歴もございます。

近年、お客様方から拵製作のご依頼等でお預かりす
る御刀の白鞘の中には、抜き差しする度に刀身
に傷を付けてしまう物、鞘の内部が刀身の地肌や刃
部に触れていて腐食させている物、刀身が鞘内で遊
んでバタバタと音を立てている物、目釘穴位置が合
っておらず鞘を閉じてもハバキと一緒に鞘が開いて
きてしまう物など、白鞘とは言えないような白鞘を
拝見するようになりました。そういった白鞘では白
鞘の役目は全く果たしていないどころか、御刀の腐
食・劣化を早めてしまう可能性すらあります。

真剣諸工作において、絶対にケチってはいけない工
作は【研磨】【ハバキ】【鞘下地】【柄下地】、こ
の4点です。これらが悪いと、いくら価値のある金
具、塗り、柄巻を採用しても、全てがダメになりま
すし、いかなる名刀も価値の無い物になる可能性が
あります。

新作刀、白鞘、拵等のご注文をご検討の方は、この
点を、よくご理解いただき、後々後悔される事の無い、
良いお買いものをして頂く事を、お勧めいたします。


| 日本刀関連 | 07:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
大変珍しいカラーの拵製作例
大変珍しいカラーの拵製作例。
白鮫に紫色の柄巻き、
白呂と金梨地の塗り分け、
黒地に金の模様が入れた肥後金具、
金着二重ハバキ。
このあと更に鞘に本蒔絵アートを加
え完成度を高める予定。

<詳細は以下のページにて>
http://higotora.com/khk.html






| 日本刀関連 | 07:39 PM | comments (0) | trackback (0) |
【ドラゴンクエストミュージアム】 の興奮が再び!ついに名古屋に!


昨年、東京・大阪で開催し、
来場者15万人を突破した
【ドラゴンクエストミュージアム】
の興奮が再び!

【ドラゴンクエストミュージアム
・セレクションズ】が、5月13日
~7月9日まで、名古屋パルコにて
開催されます。

【ドラゴンクエストミュージアム】
の縮小版イベントになりますが、
先のイベントで最大の目玉となった
肥後虎が製作に関わった【ロトの剣】
等、勇者ロトの装備品が一同に集結。
ファンの皆様は是非会場へ!

日程 2017年5月13日〜2017年7月9日

時間 10:00~21:00
   (最終入場20:30)

会場 名古屋PARCO 西館8F
   パルコギャラリー
   南館8F特設会場

主催 ドラゴンクエストミュージアムセレク
   ションズ製作委員会

企画・監修 ドラゴンクエスト
      30周年実行委員会

企画協力 スクウェア・エニックス 
      集英社 スギヤマ工房有限会社
公式サイト
http://dqmuseum.jp/


| 居合道関連 | 10:51 PM | comments (0) | trackback (0) |
肥後虎・玄関のハナミズキ
肥後虎・玄関の紅白ハナミズキ。
今が見頃です。(^-^)




| フリートーク | 11:46 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑