■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<前月 2018年02月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

両刃剣の拵
昨日仕上がった両刃剣の拵。
ハバキも鍔も両刃剣用の特別仕様です。
これから刀身の仕上げ研ぎを進めます。

作品番号:STTK
http://www.higotora.com/sttk.html













| 日本刀関連 | 05:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
【合口短刀拵(柄巻有り)】
【合口短刀拵(柄巻有り)】
昨日完成しました(^-^)

AIKUCHI TANTOU KOSHIRAE
with TSUKAMAKI

http://www.higotora.com/hkn.html















| 日本刀関連 | 01:15 PM | comments (0) | trackback (0) |
打刀拵の製作例
Uchi Katana Koshirae.
black same, black Tsukamaki,
KanshitsuKuroIshimenuri saya.

昨日完成した打刀拵。(^-^)
黒鮫、黒柄巻、乾漆黒石目塗り鞘。
銀古美の縁、頭、目貫、切羽、鍔。
渋さと重厚感が漂う質実剛健な拵。





■製品番号:INOO
【肥後虎総銀金具・乾漆黒石目拵】
****************************************
■切羽・銀無垢製・本切羽
■鍔・肥後虎・銀古美・上
■縁頭・肥後虎・銀古美
■目貫大虎・銀古美
■栗形シトドメ・銀無垢・燻し
■頭シトドメ・銀無垢・燻し
■柄下地:真剣柄下地
■柄鮫皮:親粒付・腹合着・黒塗り
■目釘:本煤竹製・1本・垂直打ち
■柄巻:正絹・黒・諸捻巻
■拵鞘下地:
 最高級鞘材使用、実戦型・本造り鞘
 鯉口・コジリ・栗形は水牛角で製作
 鞘鯉口~栗形部周辺まで広範囲に渡り、
 鞘中刃側に水牛角による補強入り。 
 各部、実戦向きの高強度仕立て。
■鞘塗り:乾漆黒石目塗り
■正絹下緒・伊賀織り
****************************************


| 日本刀関連 | 07:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
本日完成した一振り
本日完成した一振り。
実戦型刀剣の公式に基づきパーフェクトに
設計され、最良の素材・鍛錬法を以て鍛錬
された本鍛刀と、品質、精度、性能、強度を
極めた実戦型の本拵。

※詳しくは以下のページにてご覧ください。
http://www.higotora.com/iwsbig.htm
































| 日本刀関連 | 03:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
【兜割拵】の縁、頭、鍔
【兜割拵】の縁、頭、鍔が完成しました。
お客様のご要望で鍛錬鉄を用いて鍛造。
縁金具の天板だけは古式ルール従い
赤銅(非煮色仕上)を採用しています。
【兜割拵】には切羽や鍔はありますが、
ハバキがありません。ハバキが無い状
態で、しっかり鞘が刀身を咥え込むよう
に鞘を造り込まなくてはなりません。
ここからは鞘師の腕の見せ所です。

http://www.higotora.com/kabuto.html









| 日本刀関連 | 12:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
製作中の『兜割(かぶとわり)』
【KABUTOWARI】
@HIGOTORA



只今、製作中の『兜割(かぶとわり)』。

特殊な鍛錬方法によって鍛え、焼き入れも
施した兜割です。

兜割(かぶとわり)は、主に室町時代から
捕縛吏(捕方)などに使用された武器および
捕具です。日本刀の攻撃を防げて尚且つ攻
撃をする際に、相手に必要以上の負傷をさ
せることのないよう、刃がつけられていま
せんが、中には刀でいうところの刃側にあ
たる部分に焼き入れを施し強度を高めた仕
様も存在します。
今回製作している兜割も特殊な鍛錬法で鍛
え上げ、刀でいうところの刃側にあたる部
分に焼き入れを施し刃文が入っています。
これによって日本刀による斬撃を余裕で受
け流せるだけの日本刀と同等の硬度・強度
を確保しています。
現在、下研ぎの状態ですので、刃文は見難
いですが、研ぎ上げると美しい刃文が現れ
ることでしょう。
形状は敵の斬撃を受け流すために打刀の様
に湾曲しており、また斬撃を受け止めるた
めに断面が打刀よりも重ねを大幅に厚く造
り、手元には十手のように枝鉤が付いてい
るのが特徴です。

現在、金工師が刀身に合わせて外装金具を
製作中。外装金具が出来次第、拵工作を行い、
拵が完成したら、仕上げ研ぎを施します。
完成が楽しみな作品です。

http://www.higotora.com/kabuto.html


| 日本刀関連 | 09:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
脇差拵の製作例UP
<製品番号:MTZK>
脇差拵の製作例をUPしました。
正絹・時代黒・つまみ巻きの柄巻と、乾漆
焦茶石目塗りの鞘で、風格のある渋い景
色に仕上がってます。
もちろん、見た目だけじゃなく精度、性能、
強度を確保するのは肥後虎の流儀。
時代金具の質感も良く、
玄人さん好みの仕様です。

※詳しくは以下のページにてご覧下さい。
http://www.higotora.com/mtzk.html









<仕様>
*************************************
■ハバキ:銅・庄内ハバキ
■切羽:銅・本切羽・2枚1組
■柄下地:柄下地工作
■目釘:本煤竹製
■鮫皮:親粒付き本鮫皮・腹合わせ着せ
■柄巻:正絹・時代黒・つまみ巻き
■拵鞘下地:実戦型本拵鞘下地
■鞘塗り:乾漆焦茶石目塗り
*************************************


| 日本刀関連 | 10:57 PM | comments (0) | trackback (0) |
『新橋の社長さん』


『新橋の社長さん』
(尾治・会報しらとり・第17039号)
(文:脇田泰彰)

お酒が入ると同じ話を繰り返すのは、オジサ
マ世代の悪いクセだが、時として人生の糧に
なるようなお話を聞けることもある。

以下は私が20代の頃、酔っ払いのオジサマ達
が夜な夜な集う、新橋の安い居酒屋で知り合
った とある社長さんのお話である。

私が残業明けで疲れた顔をして居酒屋の暖簾
をくぐると、いつも店の奥から、お酒の進ん
だニコニコ笑顔で、「若いのこっちへこい」
と私を呼び寄せ、ご自身の生い立ちと、奥様自
慢をお聞かせ頂ける優しい社長さんがいた。

その社長さんのプロフィールは以下の通り。


<社長さんのプロフィール>
***************************************
大学入学を期に上京した憧れの女子を追いかけ、
2浪して同じ大学に合格し上京。

母子家庭だったため、ほぼ毎日バイトで働
きながらの大学生活。

彼女は地元でも評判の良家のお嬢様。
大学生になった彼女は、更に磨きがかかり
綺麗で品が良く、校内では「皇后さま」と
呼ばれ、誰からも好かれるアイドル的存在
になっていた。

そんな彼女にアタックして交際がスタート。
バラ色のキャンパス・ライフをおくる。

先に卒業した彼女は地元の会社に就職。
2年後社長さんも帰郷し同じ会社に就職。

彼女のご両親の反対を押し切り、
彼女と結婚。
2子を授かる。

順風満帆に行くかと思いきや、
勤めていた会社が倒産し失業。

社長さんの母親がお亡くなりになる。

更に自家用車で人身事故を起こしてしまい、
人生のどん底を味わう。

そんな中、いつも傍で支えてくれたのが
奥様だった。

一念発起して小さな会社を起業。

しかし初めの数年は全く商売にならず、
夫婦で日雇いの仕事等を複数掛け持ち
してギリギリしのいだ。

それから10年以上苦労を重ね事業が
軌道に乗り、会社を東京に移転。

さぁこれからという時、奥様が倒れた。

「血液のガン」だった。

奥様は約3か月後、帰らぬ人となった。

***************************************


こんな波乱万丈な人生を歩まれてきた
社長さんが、ホスピス病棟で奥様と最
後に交わした会話が以下の通りだ。


<社長さんと奥様の最後の会話>
***************************************

<社長さん>
「僕のような者と一緒になったばっかりに、
苦労ばかりかけてすまない」

「君には良い思いをさせてあげられなくて
すまない」


<奥様>
「いいえ」

「学生時代から今日まであなたと過ごした
日々は私の宝物です」

「楽しかった学生時代、結婚した日、
お風呂が無くて2人で通った銭湯までの道、
子供が生まれた日、子供が歩いたのを
手を叩いて喜んだ日、上を向いて頑張
った日々、泣いた日もすべてが、私の
かけがえのない宝物です」


<社長さん>
「結婚して今日まで旅行にも食事にも
君を連れて行けなかった・・・」


<奥様>
「東京での学生時代、初めてあなたが
デートに誘ってくれた日」

「本郷の喫茶店であなたがご馳走してく
れた ナポリタンスパゲッティの味、
よく覚えていますよ」

「あれは本当に美味しかった」

「あの日からずっと、あなたの愛情を
感じていました」

「私は幸せでした」

「もうあなたのお手伝いが出来なくて
ゴメンなさい」

「どうか子供達のことをお願いしますね」
***************************************


社長さんは、奥様の命日には、本郷の
喫茶店へナポリタンスパゲッティ
を食べにいくと語っていた。

今もその喫茶店はあるのだろうか・・

社長さんはお元気にされているだろうか・・

あの新橋の居酒屋はまだ営業している
だろうか・・・


----------------------------------
文:日本刀デザイナー、
  肥後虎チーフディレクター
  脇田泰彰
『尾治・会報しらとり・第17039号』
 コラム
----------------------------------

※注:写真と記事の内容は無関係です。


| フリートーク | 09:40 PM | comments (0) | trackback (0) |
本年もよろしくお願いいたします(*'▽')
明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします(*'▽')





| フリートーク | 06:37 AM | comments (x) | trackback (0) |
年末のご挨拶

japanesesweets & matcha
@HIGOTORA 【仕事納め】

本日最後のお客様をお見送りし、
無事に帰路につかれる事をお祈
りしつつ、茶を点て一服してお
ります。

今年も早いもので、年末のご挨
拶をさせていただく時期となり
ました。

皆様方には特段のご高配を賜り、
厚くお礼申し上げます。

諸工作でお待たせしている多く
の皆様方には、誠に申し訳無く
お詫び申し上げます。

1日でも早く仕上げられるよう、
最善を尽くしておりますので、
今しばらくお待ちくださいませ。

来年も誠心誠意努力していく所
存ですので、より一層のご支援
を賜りますよう、心よりお願い
申し上げます。

尚、肥後虎の年末年始の休業期
間は下記の通りです。

【年末年始休業期間】
12月29日~1月7日
新年は1月8日営業開始です。

時節柄ご多忙のことと存じます。
くれぐれも体調などお崩しにな
られぬようお気をつけください。

来年も相変わらぬご高配を頂け
ますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶といたします。

それではよいお年を
お過ごしくださいませ。

感謝。

肥後虎チーフディレクター
脇田泰彰


| フリートーク | 10:02 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑