■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2017年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

本日夜10時放送のNHK『風雲!大歴史実験』
本日(3/24)夜10時放送のNHKドキュメンタリー
『風雲!大歴史実験』。

番組で使用の【長柄槍(長さ6m超)】の
【レプリカ】において製作協力させて頂きました。

番組に登場する槍は、納期が僅か2週間!
という無茶振りな状況下で作った
【レプリカ槍拵(飾り物)】ですので、
本物の槍拵のような強度はございません。

ご覧になる方は、そこんとこ宜しくです。




| 歴史関連 | 03:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
三尺の大薙刀が完成しました
三尺 大薙刀 が完成しました。
拵全長 285cm、総重量 5,567g の
長大で豪壮な薙刀拵。
刀身は完全無欠にして、天下無類
の仕上がり。青貝螺鈿の装飾や、
家紋彫刻を施したハバキも見所です。

以下のページにてご覧下さいませ。

http://www.higotora.com/ntk.html





























※管理番号:ntk
<三尺大薙刀・青貝螺鈿・実戦型拵付>
*******************************************
【三尺大薙刀】
<刀身打卸の部>
-------------------------------------------
肥後虎本鍛刀
三尺大薙刀
超豪壮型
肥後國住赤松太郎兼嗣作
本三枚鍛
以自家製鉄鍛之

◇刀工 :肥後國住赤松太郎兼嗣
◇鉄  :自家採取砂鉄・100%自家製鉄
◇鍛え :本三枚鍛・本鍛錬
◇等級 :最上等級・最高傑作
◇刃 長:94.8cm
◇反り :3.6cm
◇茎 長:94cm
◇目釘穴:2
◇最大幅:約47.5mm
◇最大重:約12mm
◇元 幅:約35.4mm
◇元 重:約10mm
◇冠落元鎬長:約25cm
◇刃文匠得意の刃文
-------------------------------------------

<刀身研磨の部>
-------------------------------------------
【薙刀・超豪壮型】、新作【打卸状態】からの
【成形研磨】+【下研ぎ】+【仕上げ研ぎ】
 的確な肉置き、刃の斬れ味と耐久性、刃文の
 美しさを高レベルでバランスさせた最上研磨。
-------------------------------------------

<樋彫りの部>
-------------------------------------------
◇超高精度・薙刀樋彫り・特大(磨き有り)
◇超高精度・添い樋彫り(磨き有り)
-------------------------------------------

<ハバキの部>
-------------------------------------------
◇ハバキ・銀無垢・本ハバキ・庄内
 ※白銀師作・実戦型
◇両側に竜胆車紋・高彫り立体彫刻
-------------------------------------------

<拵製作の部>
-------------------------------------------
■薙刀拵
◇柄長:6尺
◇国産銘木丸太から切り出した最高級柄材採用
◇本式薙刀拵(実戦型槍拵)工法仕様
◇薙刀拵用ワンオフ金具(全ての金具)工作一式
◇青貝螺鈿飾り仕様
◇柄塗り・黒呂
※3尺茎対応
※2本目釘対応
-------------------------------------------

<その他データ>
-------------------------------------------
◇刀身裸身重量:3000g
◇鞘を払って振る時の重量:4,851g
◇総重量:5,567g
◇柄長:183cm
◇拵全長:285cm
-------------------------------------------
*******************************************


| 日本刀関連 | 02:57 PM | comments (0) | trackback (0) |
刀桐箱





大切な御刀を理想的なコンディションで
保管するための肥後虎の刀桐箱。
お陰様で大変ご好評を頂いております。

最良の桐材、最良の設計、高精度な造り
込みにより、調湿機能、調温機能、カビ
予防機能、色焼け防止機能、変形防止機
能を極めた刀桐箱になっています。

輸入材や修正材等は一切使わず、純国産
の桐丸太から切り出し乾燥させた一枚板
(無垢材)だけを使用して製作する最高
級品。

箱側面の厚みは、23㎜超といった超極厚
仕様となり、大変頑丈な造り。

美しさを追求しながらも、機能性と使い
勝手を実現した、変形防止の立体加工や
二筋樋彫り加工、湿度対策の脚部設計、
指掛かり加工、刀受けの立体造形、フェ
ルト加工等、PRポイントを挙げだしたら
キリがありません。(^-^)

蓋を固定する房紐が付属。

3本~5本入り等も製作可能。

お気軽にメールにてご相談下さいね。

<刀桐箱・必須条件・7か条>
****************************************
1、無塗装の桐無垢材だけで製作されて
  いる事。
2、放射線を含んだ材料を使用していな
  い事。
3、刀剣を劣化させる恐れのある接着剤や
  上塗り材等を一切使用していない事。
4、十分な厚みと気密性を確保してる事。
5、鞘に負担をかけず理想的な形で御刀を
  保管出来る刀受けけが付いている事。
6、湿度対策の脚部設計がされている事。
7、変形防止の加工が施されている事。
****************************************


| 日本刀関連 | 11:49 PM | comments (x) | trackback (0) |
織田信長軍の【長柄槍】
織田信長軍の【長柄槍】



先日、NHK BS プレミアムの番組制
作会社様から、非常に難しいご依
頼を頂いた。

「桶狭間の戦い」で織田直轄軍の足
軽らが使用した、全長6メートルを
超える強大な長柄槍拵を、2週間程
度の納期で作るという、ご依頼内容。

一旦はお断りしようと考えたが、制
作会社様からご提供頂いた長柄槍
の仕様書(指示書)を見て、材料さえ
調達出来れば、強度や性能は保証出
来ないまでも、形にする事が出来る
可能性が浮上したので、納期、強度、
性能を保証しないお約束で、お受け
する事にした。

今回の槍拵は節取りして棒状にした
竹そのものを槍柄の芯にするという
大変珍しい物。

通常、槍の柄を作る場合は、白樫無
垢材を採用したり、その棒に竹を貼
る等して槍柄を作るが、今回の槍柄
は、節取りしただけの竹そのものを
ベースに使うタイプ。

強度の事を考えると、ある程度の期
間さらして強度を増したさらし竹が
良いと思われるが、さすがに6メー
トル超のさらし竹を在庫している業
者は調べた限りでは皆無。

不本意であるが、番組制作会社様が
手配された写真の全長6メートル50
センチの青竹を使って、製作を進め
る事となった。

穂先(刀身)は安全面への配慮でダ
ミーの物を使う事になっており、
拵に使用する材料は、ニカワ、麻布、
麻糸、亜麻仁油、ベンガラ等・・

番組の放送日は、2017年03月24日、
果たして、撮影日までに完成するの
だろうか・・・


【風雲!大歴史実験】
放送 2017 年3 月24 日(金)
22:00~22:59
NHK BS プレミアム
時代の転換点となった出来事を、実験
でためしてみることで、意外な歴史の
真相に迫る大型歴史実験バラエティシ
リーズ「風雲!大歴史実験」。第5弾
となる今回は、大河ドラマ
「おんな城主直虎」で主人公の運命
を変える「桶狭間の戦い」を大実験!
桶狭間の戦い 織田信長、今川の大軍
撃破の秘密1560 年、わずか三千の
織田軍が二万五千の今川の大軍を撃
破した「桶狭間の戦い」。
長く信長の「迂回奇襲」作戦による
勝利と言われてきたが、これは後世
の創作であることがほぼ判明、正面
から戦いを挑んだと考えられるよう
になった。ではなぜ総大将・今川義
元を討つ大勝利となったのか?信長
が起こした軍団編成上の革命に注目
し、のちに天下をとる織田軍団の強
さの秘密に迫る。


| フリートーク | 08:47 PM | comments (0) | trackback (0) |
新年明けまして、おめでとうございます。
新年明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。
2017年 元旦 肥後虎




| フリートーク | 12:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
「アウラ」
年末ギリギリになって、新たな御刀が完成。
【肥後虎本鍛刀・二尺九寸・超豪壮型】。
南北朝期の大太刀を狙った源清麿・最上作
を写した1振。

『本物が持つ圧倒的な空気感を「アウラ」という。
どんな名画も、画集やパソコンではなんの感興
も起きないが、実物の前に立つと特別なアウラ
が迫ってくることがある。そんな時、こう実感す
るのだ。私たちは今あらゆる「情報」を手に入れ
られる時代にいるが、ここで対面しているのは
「情報」ではなく、「存在」なのだと。』

これは、淡交社の雑誌【なごみ(2017年1月)】
の4ページに掲載されている記事からの抜粋。
服飾デザイナーの堀畑裕之氏が,
『国宝・松林図屏風』について書かれたコラム
の中の一文である。

これは日本刀でも同じこと。
どんな名刀でも、写真集やウェブサイトの画像か
らではなんの感興も起きないが、実物の前に立
つと特別なアウラが迫ってくることがある。

今回、仕上がったこの一振りも、まさにその
「アウラ」を発する作品になった。
実物を目の前にすると、刀身から発せられる
神々しいアウラに圧倒される。

機能を追求し一切の無駄を省いた姿・形、和鉄鋼
を何回も折り返し鍛錬し、もたらされた鍛え肌の
美しさ。幽玄なる刃文の美しさといった視覚情報
だけでも十分魅了されるが、それ以上に「覇気」
「エネルギー」「神聖な清涼感」といった、いわ
ゆる「アウラ」が、みる者を強烈に惹きつける。

砂鉄から、気の遠くなるような工程を経て、1振
の日本刀が完成する。その工程の中で、職人達
と鉄との壮絶なドラマが繰り広げられている。
特にこの御刀は通常の御刀の2倍以上の鋼と労
力が費やされた。

一心不乱に鉄と向かい合った職人達のスピリット
が、神々しいまでの「アウラ」を刀身から発生さ
せているのだろう。

この御刀の撮影は、私(脇田)が担当。
目視に近い画像が撮れているとは思うが、残念
ながら、その「アウラ」を画像でお伝えすることは
出来ない。

本作は、肥後虎本部事務所で展示する最高傑作を
造ろう!というコンセプトで2年以上の歳月を費
やして製作した一振で、来年1月から、肥後虎本
部事務所で一般公開を開始する。

是非、実物を目の前にして特別な「アウラ」を体
感して頂きたい。

文:日本刀デザイナー、肥後虎開発ディレクター
  脇田泰彰


<肥後虎本部事務所からのご案内>
※肥後虎本部事務所へお越しの場合は、事前に
 Eメールにてご予約の上、お越し下さいませ。
**************************************
肥後虎本部事務所
〒491-0141
愛知県一宮-市浅井町黒岩字石刀山51-1
TEL: 0586-78-2014
FAX: 0586-78-2007
E-MAIL: info@higotora.com
**************************************

※本作品の掲載URL
 http://www.higotora.com/hsc.htm





















| 日本刀関連 | 06:54 PM | comments (x) | trackback (0) |
小柄・笄付きの革巻き朱鞘拵

小柄・笄付きの革巻き朱鞘拵。

黒革と朱塗りの鞘と銀古美金具の
コントラストが、ゾクゾクするほど
カッコイイ(^-^)

どこから観ても実にフォトジェニック。

後は小柄の仕上げ研ぎをかければ、
この拵は完成です。

http://www.higotora.com/nkdko.htm













| 日本刀関連 | 10:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
模擬刀の【短刀合口拵】
模擬刀の【短刀合口拵】。
模擬刀ながら、本式の合口拵で、
しっかり作り込んであります。
実物を見た5名のうち3名が
真剣と見間違えました。(^-^)

http://www.higotora.com/aikuchi.htm








| 日本刀関連 | 01:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
製作中の長脇差 直刃
製作中の長脇差。
お客様のご要望で柄が長い仕様になっています。
刃文は直刃。

まだ下研ぎの状態なので、画像ではお伝え出来
ませんが、地・刃共に冴えて、完全無欠のパー
フェクトな仕上がりになっています。
手持ち、バランス共に良好で、刃味良く強靭です。

http://www.higotora.com/dr.htm




| 日本刀関連 | 09:29 PM | comments (x) | trackback (0) |
逆刃刀(模擬刀)のフルカスタム
逆刃刀(模擬刀)のフルカスタムバージョン。
激シブの肥後拵です。(^-^)

※詳しくは以下のページにて。
http://www.higotora.com/sng.htm
















| 日本刀関連 | 11:15 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑